恋とおやつ手帖


PROFILE

ばんばりえ

主婦ときどきライター。
ご近所専門オーダーメイドケータリン
グ『キッチンよもぎ食堂』を主宰。お
教室に習いに行くほどプロレスに夢中
な40代を過ごしています。好きなおや
つはブッセ、うにせん、麦チョコ。好
きなごはんは蕎麦と白米とピーマンの
肉詰め。好きな場所はお布団の中。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
月曜連載 はちみつ 月曜連載 カラーム
ARCHIVES
BOOKMARKS
SEARCH
CONTACT
name:
email:


さくいん
<< 何度でも帰ってくる | main | 座りたい椅子を探す旅 >>
無印良品レトルトカレー27種類食べ比べ

 

はるとあき。年に2回の洋服ぶつぶつ交換会を開いています。

交換会後の宴では、お題に沿ったフードを持ち寄ってワイワイするお約束。

 

こんかいのお題は「無印良品のレトルトカレー27種類食べ比べ」。

 

 

 

これ、27枚のカレーカード。



 

27種類もあったら、食べてる途中で

「どっちがどっちかわかんなーい」

「もう何食べても結局はカレー」

みたいな会話に突入して、気付けばカレーそっちのけで映画や恋の話になるのは目に見えている。何のための食べ比べか!と主催者が叫んだところで無視されるだけなので、投票するという義務をくっつけました。

 

 

 

 

贅沢にルクルーゼの大きなお鍋で2回に分けて湯煎されたレトルトカレーたち。

 


 

封を切ったら、試食開始。食べ比べ審査委員は20代、30代、40代の女性8名です。

 

クリーミーバターチキンバターチキンの比較では「クリーミーすぎなくていい」と7:1だったバタチキ、美味しいんだけど誰かの発言のせいで「ごはんですよを食べてるとしか思えない」と言われてしまったサグチキン、ココナッツがどっさり入ったものたちが不評だったり。反対に1袋500kal越えのごろり牛肉のスパイシーカレーには「このカロリーとこの牛肉の固まりには抗えない、お金を出す」の声。「やっぱりグリーンカレー◎」「フォン・ド・ボー間違いない!」「なんだか分からないけど、そこが好き☆」と好かれたベイガンティルマサラ、「バランスが絶妙」で高評価のジンジャーパネンなど、いろいろな感想が飛び交いました。個人的にチキンコルマチキンクルマの決定戦もしたかった。

 


 

投票の結果はこちらで、堂々1位に選ばれたのがチャナマサラカレー

 

手持ち3票でお願いしたのですが、ほぼ全員が「3つめが難しい」と悩んでいたのが印象的でした。「3票全部同じのにつっこんじゃだめ?」という意見、採用すればもっと面白かったかも。

 

1)クリーミーバターチキンカレー

2)ケララフィッシュカレー

3)チキンコルマカレー

4)キーマカレー

5)プラウンマサラカレー

6)チキンクルマカレー

7)ダールカレー

8)プーパッポンカレー

9)ココナッツチキンカレー

10)サグチキンカレー

11)キーママタルカレー

12)豚肉と玉ねぎのカレー

13)国産りんごと野菜のカレー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

14)チャナマサラカレー(4票)

15)フォン・ド・ボーのビーフカレー(2票)

16)バターチキンカレー(1票)

17)チキンシャクティカレー(1票)

18)コザンブカレー(1票)

19)スパイシーチキンカレー(1票)

20)ジンジャーパネンカレー(3票)

21)パニールマッカーニーカレー(1票)

22)グリーンカレー(2票)

23)シチリアレモンのクリーミーカレー(1票)

24)マッサマンカレー(3票)

25)ごろり牛肉のスパイシーカレー(1票)

26)マトンドピアザカレー(1票)

27)ベイガンティルマサラカレー(2票)



 

試食後は、それぞれ少しずつ残っていた27種類を1つの鍋にあけてみる。

 

チキンも牛肉も豆もメカジキもマトンも豚肉も、国産リンゴもほうれん草も胡麻も、ピーナッツもココナッツもカシューナッツも、レモンもバターも生クリームも、レンコンも牛蒡も焼きナスも青唐辛子もカッテージチーズも、南瓜も人参もズッキーニもグリーンピースも、蟹も海老も卵も、全部いっしょくたに鍋の中。

 

27種類を混ぜ合わせたカレーは

 

「確かにどこかで会ったことがあるんだけど思い出せない人」

 

みたいな味がしました。

 

ごちそうさまでした。

 

 

JUGEMテーマ:無印良品

JUGEMテーマ:レトルトカレー

 

 

| からいもの | 14:42 | trackbacks(0) |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2017/11/20 11:59 PM |
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://koioya2.jugem.jp/trackback/2014