恋とおやつ手帖


PROFILE

ばんばりえ

主婦ときどきライター。
ご近所専門オーダーメイドケータリン
グ『キッチンよもぎ食堂』を主宰。お
教室に習いに行くほどプロレスに夢中
な40代を過ごしています。好きなおや
つはブッセ、うにせん、麦チョコ。好
きなごはんは蕎麦と白米とピーマンの
肉詰め。好きな場所はお布団の中。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
月曜連載 はちみつ 月曜連載 カラーム
ARCHIVES
BOOKMARKS
SEARCH
CONTACT
name:
email:


さくいん
<< 中しま刺繍さんのプロレスブローチ | main | にちようびの夕暮れ散歩、十条 >>
ひとりごとはじめました

疲れてくると自分を見失う時間が増えてしまって困ります。5秒くらい止まってしまう。ハッとなって動き出してまた5秒停止、その繰り返し。

今日なんか朝からぼんやりしていて、日曜日だからそれでもいいのだけれど、しばらく止まっていて部屋に差し込む陽の加減から「もう14:00くらいなんだろうなー、休日が終わってしまうなー」と思っていたら、午前中の11:00でした。これは自分を見失うあまり時間さえ見失っていた例ですが、3時間取り換えすことができて本当に運がよかった。

疲れてくると、次の行動にスムーズに移れない。

そんな時だけ音楽をかけます。右手と左手順番に動かせるようリズムだのビートだの力を借りるわけです。刻むビートに乗って方向転換も物の出し入れもスムーズ。透明な運動補助装置が関節についてるみたいで、本当に助かるばかりですね。音楽っていいね。

音楽が近くにないと面倒なので脳内で覚えている曲を再生してビートと共に動くのですが、なんだか今日は音楽の力でも足りなかったのです。足りなかったのですよ。仕方ないからしゃべり始めてみることにしました。

ひとりごとです。

もういっそ次の動作も、犬を愛する言葉も、お腹が空いた話も振りまいて、部屋の空気を自分のものにしようかと思ってですね。これが結構いけた。テレビに映る俳優さんの顔を褒めてみたり、小指をぶつける棚の小角を用心してみたり……これが本当に結構いけた。

わたし、ひとりごとはじめました。

どうぞよろしくお願いいたします。

| 人生とか | 12:30 | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://koioya2.jugem.jp/trackback/1983