恋とおやつ手帖


PROFILE

ばんばりえ

主婦ときどきライター。
ご近所専門オーダーメイドケータリン
グ『キッチンよもぎ食堂』を主宰。お
教室に習いに行くほどプロレスに夢中
な40代を過ごしています。好きなおや
つはブッセ、うにせん、麦チョコ。好
きなごはんは蕎麦と白米とピーマンの
肉詰め。好きな場所はお布団の中。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
月曜連載 はちみつ 月曜連載 カラーム
ARCHIVES
BOOKMARKS
SEARCH
CONTACT
name:
email:


さくいん
今日からまたもぐもぐダイエット!

1年前の今日、2016年3月14日。
プロレスラー・さくらえみさんとのダイエット連載が始まった日です。


さくらえみとばんばりえ ゆっくり痩せたいわたしたちのもぐもぐダイエット


なーつかしー!

あの頃は頑張ってダイエットしてたなー。

すっかり元通りだーなー。


という皆さん!

2017年もダイエットできるのですよ。よよよ。

今日からまた7ヶ月、昨年の記事にはなりますがダイエットの伴走に使っていただければ嬉しいです。

もぐもぐダイエット

まとめて読むならこちら→→→

| もぐもぐダイエット | 12:30 | trackbacks(0) |
もぐもぐダイエット部のオフ会

うっすら遠い記憶となっている『さくらえみとばんばりえ ゆっくり痩せたいわたしたちのもぐもぐダイエット』。連載と連動したツイッタータグ民で打ち上げしましょうということでケータリング担当してきました(#12月もぐもぐダイエット部 参加者随時歓迎☆)。場所は我闘雲舞がいつも興行を行う、ファンと選手が近すぎるリングのないプロレス会場にて。


らしいケータリングってどんなものだろうって考えて考えて考えて!ハイカロリーフードとローカロリーフードを左右対称に陳列☆真ん中の境界線にはホールショートケーキ3台を設置して、かわいさと凶悪さの絡み合う夢のテーブルを作ってみることに。




見て見て、会議テーブル2台分!真ん中のショートケーキ3台が輝いてる。ときめく!

写真提供: @tikwrestlingさん


写真ばんば側、緑にオレンジにカラフルなのがローカロリーゾーン。3色のトマトも続いて並び、緑黄色野菜のビタミン力をみんなで実感。

・大根の葉+水菜+レタス2種の草盛り

・キャロットラペ

・葉つき小かぶ

・プチトマト

・松茸とエシャロットの鮪巻き
・グリルド野菜たち


そしてさくらさん側、あちこちから聞こえる「茶色一色…」という低い呟きはハイカロリーゾーン。茶色い食べ物に間違いはないのだけれど、カロリーも間違いない。これもまたみんなで実感。


・フライドポテト

・さくらさんの好きなパン

・ポテサラマウンテン

・唐揚げ

・韓国海苔巻き

・豚肉のテリーヌ


ホールショートケーキは

・シェ・シーマ

・ゴンドラ

・グラマシーニューヨーク


の3店。それぞれ流行した年代の異なる洋菓子店のもので、クリームの固さや味わい、苺の選び方に特徴が。さくらさんに3台のケーキの最初のひとくちを食べてもらい(利きショート)開会宣言としました。


「生のカブが美味すぎる」とか「ついポテトに手が伸びてしまう」とか、発見や実感でワイワイ。気付きは語るほど深くないところにあるものが大事ね。ポップにね。

ダイエット絡みのテーブル作り、またやってみたいな。






ひさしぶりに大量の野菜を水に浸したり、干したり、焼いたり。

ああ、遠い。あんなにダイエットに近づいた日々はなかった。あんなに他人の食生活に一喜一憂した日々はなかった。一喜一憂のその先に何が待っていたのか、今となっては分からないけれど、ダイエットという名の食癖の端っこは少しつまんだような。わたしたちは死ぬまで自分の性格性質の表れのような好みのフードを口に運び続け、それは全て鏡の向こうに反映される(神経質なストイックさもまた同じく)。


死ぬまで、どう食べてゆくのか。


さて。

| もぐもぐダイエット | 16:00 | trackbacks(0) |
さくらえみとばんばりえ ゆっくり痩せたいわたしたちのもぐもぐダイエット−40


「もぐもぐダイエット2」は
今痩せたいプロレスラー・さくらえみさんと
美味しいおやつを食べながら自分のカラダについて語り合う
ダイエットガールズトーク連載です☆☆


みなさん、こんにちもぐ。ついにもぐもぐ最終回となりました。ブログ記事ではさくらさんとわたしのダイエット物語でしたが、ツイッターハッシュタグでは6月から共にダイエットにお付き合いいただいたお仲間が存在しました。今日まで4カ月間、いろいろな書き込みありがとうございました。というわけで、最終回は『もぐもぐダイエットタグのアンケート祭り』です!


【ダイエット中、我慢するのが難しかった食べ物はなんですか?】
*外食したときのデザートと、ベーカリーのパン!

白いごはんの2杯目(軽く一杯でがんばってました)。

*ぺヤングとカツ丼と生姜焼き定食とチャーハン。

*菓子パン、食事パン、お惣菜パン、ハンバーガー、パン全般。

*揚げ物とビール☆

*フライドポテト&アルコールは我慢できませんでした。

期間限定のスイーツ。今しか食べられないかもしれないものは好きな食べ物よりもう一段階忍耐が必要でした。

*甘いお菓子全般と、アルコール全般。ガマンが習慣化するとたまに解禁したときに罪悪感を覚えてしまいます。

*飲みにいった帰りのアイスやシュークリーム!


アルコール、パン、スイーツ、揚げ物など、分かる分かるが口をついて出るばかり。パン党の人は白米のほうが我慢しやすく、反対に白米党の人はパンのほうが我慢しやすいのかもしれない。同じく、アルコール党とスイーツ党も対になっていそうです。ここで気になる投稿発見「我慢が習慣化するとたまに解禁した時に罪悪感を覚えてしまう」。あー、あるある。食べるのも癖なるけど食べないのも癖になるんですよね。たまの解禁は「その背徳感さえ味わいになる」くらいの余裕を持ちたいものです。


【ダイエット期のスパゲッティのグラム数はどのぐらいですか?】

*家族3人分茹でて、娘に130、パパに100、自分は70という目分量。

*ダイエットする時はスパゲッティそのものを避けてました!

減量中、スパゲッティは外食のみ。自炊するとどーーしてもッいっぱい茹でてしまうから。

*100g(若い時は500gを2回に分けて食べてました…)

*50〜60gにしてモヤシをちょっと混ぜてます。

*普段100gのところを少し減らして80gです。


いっぱい食べたい代表のスパゲッティ。ごはんのお茶碗と違い、お皿に共通サイズがないため、食べ過ぎか否かは量り難い炭水化物ですよね。100gを目安にしている方が多く、そこから何グラム減らすか個人差が感じられます。しかし、量の調節が難しいスパゲッティは本格ダイエット中はまるごと避けるという方も!その中でも「自炊するとどうしてもいっぱい茹でてしまうから外食のみとする」投稿には、なるほどなるほどなるほど!と手を叩きまくってしまいました。


【ダイエット中の晩御飯によく食べていたメニューは何ですか?】

*モヤシと豆腐に胡椒を振って卵を割って、チーズをかけて焼いたもの。糖質ダイエットの人気メニューから。

*普段よりサラダを多めに。ビールとコークハイは控え、代わりに淡彩水とハイボール中心にしました。

*自炊では野菜、魚、タンパク質をバランスよく。外食の時はトマトを摂取!

*1日分の食事を「サンドイッチと紙パックのミルクティー」のみ。3カ月くらい続けました。

*ピーマンの金平と食べ過ぎ防止用にパックの玄米ごはん

*野菜を350g以上(トマトは必須)、ライスを白米1:麦1プラス雑穀に切替えました。

*食後のデザートは翌朝に回し、我慢できないときは少しのナッツや大豆バー。

蕎麦(うどんより太らなそう)

*サラダチキンや鶏のささ身

*満腹感を得るためにお味噌汁やスープなど、温かい汁物を。

*カニ汁とサラダ。


ダイエットメニューに関してはまさしく十人十色ですね。かぶっていたのは「トマトを食べる」でした。ラーメンやスパゲッティなど大盛りタイプのメニューがないのは、ツルツルいけちゃう美味しい麺は太りやすいフードだという共通認識があるのでしょうね。極端に少量摂取で節制した方もいるようですが、もぐもぐでは「食べて痩せる」が目標☆ カロリー、糖質、脂質、塩分の見直し方面でよろしくお願いいたします。


【もしも、体重や健康を気にしないことにするなら、食べたい時に食べたいだけ食べたいものはなんですか?】

*主原料が小麦粉アーモンドプードルと砂糖とバターで出来た焼き菓子をもぐもぐしたい……ミルクティーとともにもぐもぐしたい…

白米、白米、白米、パスタ、白米、カップヌードル、ペヤング、白米、白米

*世界中の焼き菓子を毎日試作して食べること、それと白米おかわり自由。

*俺の作ったカレー!!

*焼肉、お好み焼き、串カツ、味噌カツ、餃子、天津飯、おはぎ、赤福餅、おたべ、ずんだ餅、ずんだシェイク…王道のデブメニューですな!

*いろいろ食べたいけど、どれか1つ選ぶならチョコレート!いっぱい食べたい

ケーキ→お煎餅→ケーキ→カツサンド→ケーキ→お煎餅→....のループ♡

*美味しいお米と明太子をいっぱい!

*西川口のデカ肉担担麺、築地市場の中華屋のレバニラ丼と焼売と洋食屋のカキフライ、東銀座の中華屋の唐揚げ&餃子、伊勢崎町のルーローハン、北海道のうに丼……ああ、ヤバい!

チーズカレーを1日5食いきたいです(カロリーがゼロだったなぁ)。Lサイズのピザを1人で食べる日々を送るのも夢。

*お寿司、たこ焼き、明石焼き、アサイー、豆乳、アイスコーヒー、カヌレ、濃いお茶、エビチリ、クラムチャウダー。

*551の餃子!

*ぺヤング特盛マヨトッピングでお願いします!

チョコの棒アイス各種→お好み焼き(チーズ入り)、グラタン、アメリカンドッグ、jagabee、白米好きなだけ+ごはんのお供

*いくらでも食べたい!飲みたい!

*塩タン→ビール→焼き鶏→ビール→唐揚げ→ハイボール…。おっさんですね…。

行きたかったラーメン屋に片っ端から行って、スープまで全部飲み干す!ライスもつけてくださいー!


あー、なんて夢のあるクエスチョンとアンサーたち♡ 実際はなかなかできないけど、してみたいことを想像するのって本当に楽しい。「買えるだけ買う。食べたいだけ食べる。それを実現するのが大人だ」という意見もあるでしょうが、買えないものを想像する!食べきれない量を想像する!そんな子供時代と同じ愉しみを大人になっても持っていてもよいと思うのです。チンジャオロース!


いかがだったでしょうか、もぐもぐダイエット全40回。さくらさんが明日から何を食べてどう暮らしてゆくのか、もうわたしの手の届くところではありません。心配だなー。心配だよね…心配だ…。お節介とは知りつつ、それでもものすごく心配なので、わたくし手書きのお札を作りました。さくらさんのおでこにペタリ。そして皆様の心にもペタリ。


「神様の命令により過食は厳禁☆」


| もぐもぐダイエット | 11:15 | trackbacks(0) |
さくらえみとばんばりえ ゆっくり痩せたいわたしたちのもぐもぐダイエット−39

「もぐもぐダイエット2」は
今痩せたいプロレスラー・さくらえみさんと
美味しいおやつを食べながら自分のカラダについて語り合う
ダイエットガールズトーク連載です☆☆


さくらさんはとてもお母さんぽい人です。仕事が忙しかったり、自分に構う暇がなかったり、すごく気を使う性格である分、小言も多かったり、あれもこれも抱え込んだり…。お母さんは頑張っているのがデフォルトで、お母さんももっと頑張らないといけないと思っている(お母さん連呼してるけど、さくらさんはお母さんじゃないですけどね)。たまには自分の時間も作ってね、たまには頑張らないでね、自分のお洒落もしてね。そんな気持ちのもぐもぐ第39回テーマは「きれいなさくらさんでいてほしい」。四谷、市ヶ谷を歩いた写真と、一問一答アンケートでお送りします。



Q1. どんな40代を過ごしたいですか?

A1. 恋に生きる40代。ずっと仕事に生きてきたので自分の幸せを。今も「仕事=幸せ」は変わらないけれど、恋も足したいな。



Q2. 40代、女性として大切にしたいことは?

A2. 30代は「なりふり構わず仕事して、それで幸せなの?」「痛々しい」と思われることをウザったく感じていたけど、40代は「あなたは幸せそう」と周囲が安心できる女性でいることを考えたいですね。



Q3.さくらえみは女性として進化しますか?

A4.とりあえず部屋はきれいになったんですけど(笑) 次は「さくらえみって髪がきれいだよね」って褒められる人になりたいなと思っています。なります!



Q4.ダイエットってなんでしょう?

A4. 年齢性別を問わず、誰もが一家言持っているもの。コミュニケーションツールと言ってもいいかも。ダイエットを通じてお知り合いになれた方が多くて楽しかったです。



Q5. お誕生日の自分にメッセージを。

A5. 今回まだまだピンできることがあるって分かったから、プロレスやりつつ他のことにもチャレンジしていきましょう。あと、社会に溶け込みましょう(笑)。


衣装協力 A HAPPY MARILYN, SUE♡MARRI!?

スタイリング SusieDrops:SUSIE

| もぐもぐダイエット | 11:45 | trackbacks(0) |
さくらえみとばんばりえ ゆっくり痩せたいわたしたちのもぐもぐダイエット-38

「もぐもぐダイエット2」は
今痩せたいプロレスラー・さくらえみさんと
美味しいおやつを食べながら自分のカラダについて語り合う
ダイエットガールズトーク連載です☆☆


――みなさん、こんにちもぐ。いよいよあと2回を残すのみですさくらさん。どんな最終回にしたいですか?


やっぱり最後は有終の美を飾って、みんなで楽しく終わりたいわ。


――みんなで楽しくっていうのは賛成です。最初は2人で始めたダイエットだけど、今は仲間がたくさんいますしね。もぐタグ(#9月もぐもぐダイエット部)も今や連載の一部です。



正直、もっとみんなを巻き込みたかったという心残りはあるのよ。ほんともっと巻き込みたかった!


――もぐタグ開始時より、書き込む人が減ってはいたものの視聴人数が減ったという実感はないんです。むしろ参加してみたいけどまだ気持ちがまとまらないという人がいそうな。夏もほぼ終わったし、さくらさん同様、期間限定ならやってみようという人がいたら嬉しいですね。


さくらは結果を出せてないけど、大丈夫…かしら?


――ああ。さくらさんは結果を出せていないけどもぐタグ常連者のみなさんは結果を出してくれているので、そこらへんの信用度は保障されていると思います。

お。おぅ…。


――実際に何キロ落ちた云々も大事ですが、体重増加の歯止めになってる気配は感じていて、そちらのほうがより意味があるのではと思っています。


そ、そうね…


――まだもう少し時間がありますし、仲間を増やしたいですね。さくらさんの手書きフリぺを配る約束もしてますし、1週間だけでも参加してもらってみんなでダイエットする雰囲気を感じてもらえたら嬉しいです。


わたしの手書きなの!?


――はい。ぜひお願いします。イラストとかも描いていいですから。ファンの人へのお礼状みたいなものですから、心を込めてよろしくお願いします。


は、はい。


――他にやっておきたいことありますか?



そうね。連載終わってからになるけど、オフ会やりたいわ。打上げ♡


――それはいいですね。やりましょうやりましょう。前回のオフ会は急なことで参加できなかった方もいらっしゃるでしょうし。


どんなお店がいいかしら〜〜♡


――市ヶ谷マクドナルドの坂の上にN.Yスタイルのフライドチキン専門店みたいなとこ見つけましたよ。オープンキッチンなんです。


フライドチキン!ちょっと、太らせようっていうの!


――太らせるって、痩せてないじゃないッ、ですッ、かッ!!!


ぶー。もっとお洒落な店がいいー。


――いじける理由が不明です。


もっと…もっと、こう、女子が喜ぶってゆーか、凝ったお洒落なカンジのヤツでないとっっっ!!!(両手をパタパタする)


――また、そういうぼんやりしたことを…。じゃ探しますけど、さくらさんもちゃんと探してくださいね。


はーい♪


――ほんとにほんとにちゃんと探してくださいよ!


【もぐもぐ取材日記】
右手の中に握ったきれいなものに夢中になっていても、次の瞬間には左手の中の新しい玩具に夢中になってしまうさくらさん。最終回が決まった今、さくらさんのダイエットの興味は多分もう失われています(失ってないわよー!とLINEあり)。向かい合って落胆したりジリジリする関係もあと僅か。早く連載を終えて、滅茶苦茶なさくらさんを「すごいなー」と感心と尊敬の眼差しで見つめる、ただのプロレスファンに戻る日が来るのを待ちわびています。

| もぐもぐダイエット | 13:25 | trackbacks(0) |
さくらえみとばんばりえ ゆっくり痩せたいわたしたちのもぐもぐダイエット−37

「もぐもぐダイエット2」は
今痩せたいプロレスラー・さくらえみさんと
美味しいおやつを食べながら自分のカラダについて語り合う
ダイエットガールズトーク連載です☆☆

 

――みなさん、こんにちもぐ。最終回も決まりまして、ここでひとつ確認しておかなければならないことがあるんですけど、さくらさん。

 

前置きされると怖いわ。

 

――ずばり、女子力にどのくらい興味あります?

 

(めずらしくしばらく考える)アラフォーになるとね、頂くプレゼントがネイルや雑貨から体を労わるものに変化するのよ。フェイスパックや肩凝りに効くもの、足のむくみをとるシートとか。でも、ダイエットを公言してみたら「まだ女は捨ててない」と認識されたようで、お洋服をプレゼントされる機会が復活したのよ。

 

 

――いきなり深めの話来ましたね。

 

20歳くらいの頃は小物とか可愛いものを頂いてたけれど加齢とともに実用性のあるものに変わって、それが「今のさくらさんだったらこれ似合うかもしれない」って。その時は「すてき―」ってときめいたわ。女扱いされるのっていいわね!

 

――本人が押入れの奥にしまったまま忘れた女子力をファンの人が引っ張り出してくれたみたいになってますよ。

 

誰かが気付いてくれるって素敵よね。前回ばんばさんに「あの時の前髪がよかった」と言われて前髪をちょっと増やしたの。どこかで可愛いとか外見担当は団体の若い子たちに任せたい気持ちもあるのよ。それは外見について褒められることも減ったから、自然と興味が薄れちゃってるんだとは思うんだけど。

 

――でも、最近はキレイなったと声をかけられるわけですよね。プレゼントも頂いて、それは外見の女子力の高さが「あげたい心」を生んだのは間違いないです。

 

わたし、そもそも人にプレゼント頂くの申し訳ないって思っちゃうところもあって、ほんと試合を見にきてもらえればそれで…っていうのも本心なんだけど。でも、今回女子っぽいものをまだ自分が頂けるんだって事実は、何かを取り戻せたような気持ちになったわ。

 

――自分の中にある女子が戻ってきたと。

 

うん。女子力を含めたダイエットにしたほうがいいわよね☆

 

――んん?

 

ネイルしてると物販で声かけられるって気付いてから暫くネイル頑張ったけど、痩せてきたらそっちで声かけてもらえるからネイルへの興味が失せちゃったのよね。断舎利で全部捨てちゃったし。

 

――さくらさん、なんでも仕事脳で動かないでくださいよー。女子だからネイルも可愛くしたいという女子脳で!女子脳で!しかも周囲から女子力を与えられていて自分自身の女子力への取り組みは意識ごと丸抜けしてるような印象があるんですけど?

 

そうねぇ、たぶん女子力がプロレスにつながればいいのよね。

 

――ん?ん、ん?

 

結局仕事優先だから仕事のことだったらやる気が出るのよ。ダイエットも元々は後楽園大会に向けてのテーマだったわけでしょ。筋トレも仕事につながる。食生活も仕事につながる。でも正直、女子力がアップしても仕事には関係ないと思ってたのよね。女子力アップしたらさくらのファン増えるなら頑張れるわ☆

 

iPhoneImage.png

【もぐもぐのお供】

L'atelier MOTOZO カンノンチーニ 

一口サイズの細いコロネ型パイの中にカスタードっぽい

クリームが詰まった、珈琲によく合うお菓子。イタリア

伝統の焼き菓子のほか、ティラミスやイタリアンチーズ

を使った生ケーキも揃っています。

 

 

――ちょっとちょっとぉぉーー!女子力がアップして人気が変わらないなんて、どうしたらそんな発想になるんですか!仕事脳もなんか怪しくなってきてますよ!

 

だってわたし、ばんばさんが髪に可愛いメッシュ入れてきた日「なにか撮影でもあるのかな?」って思っちゃったもの。でも撮影はなくて自分のためだけに可愛くしてるってことに衝撃を受けたのよ。これ、これ、自分のためにーーー!!!!?って。

 

――撮影ありきってなんですかー。会社員の女性みんな、自分のために年間カラー会員になってるんですよ。会社に行くのに、友達と飲みに行くのに、可愛くするのは普通なんですよ。

 

あーーー、もうやだーーー!仕事に女子入ってるのに、それでもやってない自分がいやーーー!市ヶ谷大会では大会開始5分前に化粧してるものぉぉーーー。

 

――女子力のプライオリティ、完全に最下位ですね。

 

ほんとにわたしプロレスの技術以外に全く興味がなくて、できるなら仕事だけ仕事100%で生きていきたいくらい。でも、実は自分は背が低くて手足も短いからコスチュームも何着たって似合わないって諦めてるところもあって…。人前に立つ仕事なのにダメなのよね。

 

――ダメに決まってますよーーー!「さくらさんは美人だ」と思ってるさくらファンの気持ちをどうしてくれるんですか。それに少なくともリセット結成当時のさくらさんと米山選手はおふたりで可愛さを追求してたはずなんです。タイテイストのお揃いのコスチュームを着たふたりはすごくすごく可愛かったんですから。

 


タッグチーム・リセットはお揃いのコスにお揃いの編み込み

ヘアなど、とにかく可愛かった♡

 


そう言われると反省しかない〜〜。できることをリストアップするわ。ネイルとメイクとヘア、あと何をしたらいいの?とにかく可愛らしくあろうとするのは女子力の一部よね????

 

――それですそれです!可愛らしくあろうとする気持ち!よかった!最低限の場所にはたどり着きました。たとえ女子力について予想以上に話が膨らまなかったとしても!ネイルとヘアとメイク以外、何も出てこなかったとしても!もーーー泣ける!

 

 

【もぐもぐ取材雑記】
専門職やキャリア方面の働く女性はどうしても女子力から離れてしまう傾向があるようです。なぜなら忙しいから!仕事が多くて時間がないから!女子力には時間が必要。女子力にはお金も必要。そこんとこ、男性のみなさん、ご理解ください。

 

 

 

 

| もぐもぐダイエット | 12:25 | trackbacks(0) |
さくらえみとばんばりえ ゆっくり痩せたいわたしたちのもぐもぐダイエット−36

「もぐもぐダイエット2」は
今痩せたいプロレスラー・さくらえみさんと
美味しいおやつを食べながら自分のカラダについて語り合う
ダイエットガールズトーク連載です☆☆

 

――みなさん、こんにちもぐ。とうとう!とうとう!さくらさんから毎日のごはん写真が届かなくなってしまいました…。「写真を送ることさえ出来なくなったらお終いよ」と言っていた2月の終わりはまだ寒かった。さくらさんは確か緑のコートを来て市ヶ谷駅前のTO THE HERBSに現れたのです。あれから、春を越えて夏を越えて9月。さくらさん、10月3日……もぐもぐダイエット最終回です。

 

終わるのね。

 

――はい、終わります。さくらさんのモチベーション下がりっぱなしじゃないですか。

 

いろいろあったのよーーー!

 

――聞き飽きたんですよーーー!!!!

 

 

今月から献立制作が始まったでしょう。そこにコンビニ惣菜を取り入れて無理せず続く献立をってテーマだったでしょう。

 

――はい。バランス良い自炊者は太りにくいから、そこに近づいていこう。でも一時の料理の頑張りは反動が来るから惣菜を買おうって話ですよね。我ながら真っ当かつ良い提案だと思ったのですが。

 

コンビニに行くと、お惣菜じゃなくてサンドイッチを買っちゃうのよー。

 

――子供かーー!!!!!

 

「コンビニに行かない」ことはできるわ。行かないと決めたら行かないわ。でもせっかくコンビニに来てるのに、ブリトーもサンドイッチも豚炙り弁当もクッキーもクロワッサンにも背を向けてお惣菜コーナーに行くなんて!かえって辛いのよ。それに「体に良いごはん」を心がけ始めると、自作した作りたてのサラダが、作りたてのゆで卵が、安くできて美味しくて、出来合いのものにお金が払う気がしないのよー。

 

――…。ま、一過性の主婦気分だと思いますけど、つまりダイエットを始めると同時に料理スイッチが入るんですね。わたしは忙しくてもお惣菜を活用すれば調理時間やメニューを考える悩みが減るおかげで、ダイエットのモチベーションが下がらず済んだのですが。

 

むしろダイエットのモチベーションが上がらなかったの!普段全く料理をしないからコンビニのお惣菜を使うとラクという感覚もなかったわ。コンビニ断ちするほうが分かりやすくてやる気も出るみたい。それに献立が始まってからは、今までの食べ物の写真を送る習慣も崩れてしまって。

 

――コンビニの日常的な利用法に対して「サクッと意識買えちゃいましょう」の提案でしたが「そう簡単には変わりません」だったんですね。うーん実はかれこれ半年もずっとコンビニの話をしてるんですよ。それほどに深い問題なんですね。さて、先週の献立が届いて、その献立どおりの食事は1日でしたね。今週分の献立はついに届きませんでした。これは、実質的な挫折と公表してよろしいんでしょうか。

 

無理だったわ。わたしには合わなかった。

 

――そういうこともありますね。

 

それでね、新たな目標を思い付いたの。わたしの誕生日10月4日まで1か月を期限にして頑張るのよ!

 

――清々しいほど、さくらさんは進化してないですね!最終回間近のこの期に及んでも短期間の期限を求めるとは!

 

期限がないのは無理なのよー。もぐもぐダイエット部のハッシュタグのみんなもそうだと思うの。それとたった1人で自分の中でやるダイエットは続かない気もしてる。わたしは最近タグの書き込みしてないし、ダイエットブログも書いてない。見せてる見られてる部分が大きいから頑張れるというのは正直なところね。

 

 

――「期限区切って痩せてハッピー。じゃないよ!期限切れの先も暮らしは続いてるんだよ!」という部分を追うための長期間連載。痩せて→気が緩んでリバウンド→痩せて→やっぱりリバウンド、いろいろ見せていただきました。そういう意味では7カ月「ダイエットと人」について多面から知っていただくことはできたかと。いやー、ほんとのほんとは、進化するさくらさんが見たかったですけど(涙)

 

大丈夫!知識はたくさんついたから!自分の食生活のダメなことは全部分かるようになったもの。あー、これもダメあれもダメ、ダメダメだーって。

 

――反省なくして進化なしですね。みんながいるからというご意見も、今時代もっともかと。せっかくなので「隠れダイエット希望者」も引っ張り込んで、みんなの希望の星となりましょう!それにたとえ食生活が緩んでしまう日があっても、この連載記事は残りますから、いつでも戻って来てほしいと思っています。

 

いつでも戻ってこれるって素敵ね。でも、連載終わったらわたしダイエットしないだろうな〜〜。

 

――はああぁぁぁーーーッッッ!!!!!わたしが!何時間かけてテープを起こして!7か月間!よくも目の前でいけしゃあしゃあとーーー!

 

だって習慣化できなかったんだもの♡

 

――して!いますぐ!今晩一夜漬けで習慣化してください!

 

 

【もぐもぐ取材雑記】
まるで最終回みたいな記事ですが、残り4回連載は続きます。痩せて太って痩せて太って、に寄り添いながら取材者としては肩を落としたり叫びそうになったりしてきましたが、私自身は結果3kgのダイエットができました。30代の感覚のまま40代に入り噂には聞いてる「代謝が落ちる」って何なのかを、しっかり勉強できた気がします。叫びそうになる夜にコンビニに行くと、さくらさんが暴食してるメニューが浮かぶんですよね。結果、ヨーグルトと蜂蜜だけ買うとか、燻製卵だけ買うとか、さくらさんの存在が大きな抑止力となっています。さくらさんを思い出すと無駄食いできなくなる「さくらえみダイエット」、わたしはこれで3kg痩せ、今もまだ痩せ続けています。

 

 

| もぐもぐダイエット | 12:27 | trackbacks(0) |
さくらえみとばんばりえ ゆっくり痩せたいわたしたちのもぐもぐダイエット-35

「もぐもぐダイエット2」は
今痩せたいプロレスラー・さくらえみさんと
美味しいおやつを食べながら自分のカラダについて語り合う
ダイエットガールズトーク連載です☆☆

 

――みなさん、こんにちもぐ。当初ダイエットが順調に進むと仮定して、同時に女子力アップの体験取材をいろいろ考えていました。アロマ、お菓子教室など楽しい体験取材いっぱい!残念ながらご褒美どころではないので、今回からダイエットの目標になりそうなテーマについて考えていきましょう。さて、今日は恋バナです。

 

コイバナ!!コイバナ、コイバナ…コイバナ……。

 

――ダイエットするもの、女子たるもの、恋の話は大事ですからね。美容師さんを好きになったという話がありましたよね。

 

ああ!ありましたありました。あー、でも「Bはダメだっていったのに」って言われたのよ。

 

――なんですか、Bって。

 

バンドマン、美容師、バーテンダー…だったかしら。でも、担当の美容師さんがすごいキレイにしてくれる人なの。誰々みたいな前髪にしたいとか恥ずかしくて言いにくいことも受け止めてくれて、頼りがいもあってカッコいいって思ってたんだけど、指輪をしててっていう話。

 

――ああ…。

 

最初は「あー指輪してるー」ってショックだったけど隠してないってところが素敵だと思ってたの。でも常連になるうちに娘さんや奥さんの話が出てきて「あなたのことは好きだけど、あなたの家族まで含めて好きなわけじゃない」という流れに。行けばキレイになれるけど、恋してるからキレイになれるのパターンにはなれなかったわ。わたし、本当にたくさんの商品を買ったのよ、シャンプーもトリートメントも勧められるものは全部…。

 

――ああ…。ホレっぽいほうなんですか?

 

 

惚れっぽいより、ファンになりやすいの。スーパーの店員さんでカッコいい人がいたらそこに並ぶし。ラーメン屋の店長さんも美味しいごはんを作ってくれて素敵だったの。日常的にカッコいいなと思える人がいると、すごくやる気が出るのよね。

 

――そうそう!それが恋!しかしお店の人が多いですね。

 

そうねぇ。それしか出会いがないのよッッ!

 

――えー、見逃してませんか?わたし、こないだ久しぶりにカッコいいなと思える人に会いましたよ。Bでしたけど。

 

ああB。Bはだめ!Bはダメなのよーーー!

 

――でしたね(笑)。ドラムの方だったんですけど、ここ、ここの筋肉が異常に美しくてですね、なんていうんですかここ。

 

上腕二頭筋ね。

 

――はい、上腕二頭筋が。しかもドラムがめっちゃ上手くてですね、ボーカルの方がいるんですけどドラムが主旋律に聞こえるくらい。1音1音が思い切り良く力強くて正確。プロレス技で言うと技の入り方仕掛け方がピリッとしてるというか、かつ滑らかで、リズムが崩れずで実力のある人なんだなあーと見惚れましたね。

 

そんなこと言われたらすごい嬉しい。話しかけたりしたの?

 

――わざわざ話しかけには行かないですけど、通路でお会いした時には思わず「あ、今日、すごいかっこよかったです」と。

 

みんなが言うようなこと言ってもダメなのよー!

 

――いいんですよ、別に。しかもその人眼鏡をかけてたんですけど、なぜか最後の曲で眼鏡を外して傍に置くっていう。ちょっと萌えるっていう。

 

じゃあ、あたしも眼鏡で試合するわよ!そして最後のムーンサルトの時に眼鏡を外す!それいい!眼鏡女子レスラー!

 

――きっと「そこで眼鏡取るんだぁ〜」ってなりますよ!年下男子ファン急増!ってすぐ仕事の話になるの大人女子の悪い癖ですってー。今は恋の話、恋の話!

 

ファンにはなるのは楽しいけど実際のところ恋となるとねぇ。

 

――美容師さんは恋っぽくなかったんですか?

 

どうかしら。キレイにしてくれるし、スッピンで行ってもほっといてくれるし、疲れて寝ちゃってたら「疲れてたみたいなのでおまけでトリートメントしときましたよ」とかね、さり気ない気遣いが沁みたのよ。普段わたし優しくされてないのよーー!!!優しくされると弱いのよ。

 

――優しくされるされないとは別に好きな人っていないんですか。

 

いる!いた!その人に会いたくてユーチューバ―になりたかったんだもの!はじめしゃちょー!

 

――ええええええええーーーー!!!!…さくらさんは年下のイケメンが好きなんですね。

 

だって癒しじゃないの!癒される!癒されたい!

 

――それもなんか恋と違う気がしますけど。さくらさんの恋はどこにあるんでしょうね。

 

ミーハーなとこにしかないのよ…。

 

――諦めないでください!探しましょう!

 

だっていいな♡と思う人はみんな結婚してるんだもの。35歳も過ぎれば既婚者ばかりよ。

 

――まあ、30代にもなれば既婚の確率は増えますけどね。でも、なんていうか「既婚、未婚」って線引きしなくてもいいと思うんですけどね。片思いだったらそれこそ誰が相手でも自由ですし。お食事に行くくらいならいいじゃないですか。ジムはどうですか?ジムなら業界関係者じゃないものの、体を鍛えてるっていう共通の話題が。

 

自分がフガフガ頑張ってるとこでー?

 

――その場合、他の方もフガフガやってますから。セット終わりで休憩しながらポカリなんか飲んでるところで「おつかれさまです」「いつも来てらっしゃいますよね」みたいな。どうです?

 

言えなーい!そんなこと!

 

――違います違います。そこは向こうが言ってくれるんです。

 

そうなの?でも、ドスッピンで髪ボッサーだし。

 

――まず、化粧!!!!化粧しましょう!していきましょう。ね。

 

えー、化粧して運動すると毛穴に入りそうで嫌。

 

――眉毛とアイラインとお粉でなんとかなるでしょうが!!!

 

しかも、いかにも「あの人ダイエット中って感じ」って見られてるだろうし…。

 

――むしろ、さくらさんがどんどんシェイプされていったら「がんばってるな!」と好印象ですよ。

 

だんだん痩せてきれいになってきたって思ってもらえるかしら。

 

――インストラクターの方だってその頑張りと変化を見てくれてるはずですよ。大体ただ痩せることがダイエットじゃないと思うんです。「もっとキレイになる」が目標のはず。そのためには女子たる者、恋には近づいておかないと。

 

分かるわ。

 

――それ、全然興味ないときの「分かるわ」じゃないですか。

 

そんなことないっ、そんなことないってば!違う違う、そこに恋があったことに気付いてなかっただけだから。余裕のない時には道端に咲いてる花にも気付かないような感じ。ここにチャンスがあったんだって今気付いたところよ。ああ、でもインストラクターさんて結構若く結婚してるのよ。

 

――もう、これからは結婚してる人も恋の対象範囲に入れませんか?そこ除外してくの無理ですって。ごはん行くぐらいならいいじゃないですかね。

 

ごはんー?

 

――ごはん、いいじゃないですか。わたし、もし自分のことを少しいいなと思ってくれる人がいたとして「あー、結婚してんのか。じゃダメか」って思われたくないですもん。

 

「ばんばさん結婚したからもう上がりってことで♪」みたいな。

 

――そりゃそうだろうけど淋しいですよ。だって、別にどのくらい近寄るかなんて分かんないじゃないですか。そうやすやす発展するもんでもないですし。だったらごはんくらいは誘ってほしいです。

 

でもばんばさんより、わたしがまず誘われたほうがいいと思うのよ。

 

――もう全部恋の対象範囲に入れていきましょう。指輪がチラッと見えたぐらいの人も問題なし!

 

そして、痩せましょう。

 

 

【もぐもぐ取材雑記】
テープ起こしをしてみたら、本当に「痩せましょう」でプツッと録音が切れていた今回の収録。この5か月で一番渾身のさくらさんの「痩せましょう」の呟きでした。今後、ジムに行くさくらさんはナチュラルメイクで可愛いトレーニングウェアを着てるはず!今後、取材日には「まだメイクできてないからゆっくり来てくださいー」というLINEが来ないはず!

 

 

 

 

 

 

| もぐもぐダイエット | 09:31 | trackbacks(0) |
さくらえみとばんばりえ ゆっくり痩せたいわたしたちのもぐもぐダイエット−34

「もぐもぐダイエット2」は
今痩せたいプロレスラー・さくらえみさんと
美味しいおやつを食べながら自分のカラダについて語り合う
ダイエットガールズトーク連載です☆☆

 

――みなさん、こんにちもぐ。さくらさんの人生初の献立作りの日々が始まりました。しかしさくらさん、これじゃアスリートの減量メニューです。ここ、もぐもぐダイエットですから〜。

 

ばんばさんはどうやって献立を立ててるの?今晩の献立を朝決める?

 

――そういう日もありますけど、大抵スーパーで肉と魚を選ぶときに献立が決まりますね。

 

どういう風に?

 

――肉も魚もストックが欲しいので冷凍するつもりで何種類か買うんです。豚小間はカレーにして今週の朝ごはん、豚ロースは味噌漬けにして明後日の夜、鶏ひき肉はつくねにして明日の夜、鮪の刺身は今晩、冷凍のイカはそのまま冷凍して近いうちに中華の炒めもの、とか。

 

 

美味しそうね。

 

――購入した肉と魚の数だけ献立がある感じですね。副菜は家にある野菜を和えたり、浸したり。スーパーやコンビニでお惣菜を足したりで完成です。

 

まとめ買いするのねぇ。わたしは最近スーパーに頻繁に行くようになったんだけど、コンビニのものが高くて思えて買えなくなってきたのよー。スーパーで旬の野菜が安いと、そっちのほうが沢山食べられる気がしたり。今、そういう段階。

 

――分かります分かります。しかし、さくらさんはとにかく極端ですね。今回ももしかして出汁をとり始めました?

 

勿論!わたしのダイエットは出汁をとるところから始まるのよ!

 

――うーん、良い話なんですけど昨日まで買った弁当食べてた人が、なんでいきなり出汁をとり始めるんですかねー。

 

そう決めてるんだもの!

 

――「料理をする=出汁をとる」じゃないですからね。それ男子の妄想ですから。もひとつ言わせていただくとコンビニのものが高く思えるのは、意識の改革があったわけではなく、まだ一瞬の気の迷いの段階です。

 

気の迷いって!でもね、困ってるのが蒸し野菜をたくさん食べるの大変なのよ。生の野菜は悪くならないうちに食べないとダメでしょ。ブロッコリー1株とか、多いのよねー。

 

――冷凍のカット野菜を上手に使いませんか?コンビニに売ってますから。おからや金平ごぼうも100円程度ですよ。

 

コンビニ行くなら、好きなカレーやお弁当を買いたいもの。それがダメな今はコンビニにわたしの食べられるものはないのよ。代替品が思い付かない。

 

――んんーー、そうですか。ではコンビニは丸ごとナシでもいいです。スーパーはどうでしょう?スーパーにはオクラやインゲン、青菜のお浸しがあると思うんです。筑前煮なども。さくらさんは普段お店に行って「好きなもの」を食べてるんですよね。好きなものを食べる感覚から体に良さそう、ヘルシーそうと思えるものを選ぶ段階に入ってみませんか?

 

おからでもひじきでも、売ってるもは結構糖質やカロリーが高いから避けてるところがあるのよね。

 

――(どの口で!)そう、ですね。売っているお惣菜は確かに味付けは濃いですが、それでも野菜の和食惣菜を食べて太る心配はないと思いますよ。

 

じゃあ、蒸し野菜と鶏肉みたいな献立じゃなく、ざっくり「和食」って書けばいいのかしら。

 

――んんんーー、そうですねぇ。「蒸し鶏とゆで卵と、スーパーの和惣菜2品」とか。1品でもいいです。その1品を選ぶ手間が勉強になると思うので。何度も言ってしつこいんですが「もぐもぐダイエット」は普通にもぐもぐできる食生活で少しずつダイエットしたいんですよ。わたしはこの5カ月で3.5kg減の結果が出ています。

 

結果…。く…。

 

 

――まあまあ、いったんお昼ごはんにしませんか?ダイエットメニューらしきものをモスバーガーで見つけてきました。スモークチキン入りのサラダボウルとライ麦パン1つが付いた、ごちそうサラダセットです。

 

お腹空いた!食べたい!いただきまーす!

 

――お。美味しいサラダですね。うんうん、キャベツとレタスに人参・パプリカのマリネが入ってます。ライ麦パンも入れて240kcalらしいですよ。

 

会社の同僚とランチ行こーってモス行って、コレ食べてる人がいたらよっぽど意識高い系よね。

 

――あー、たぶんいますよ、これ食べてる人。

 

え?いる??

 

――多分、意外といますね。

 

(ちょうど事務所に帰ってきた帯広選手が「なんですか、!すごいお洒落!カフェランチじゃないですか!」と言う)

 

――ほらほら、さくらさん聞きました?つまりこれはお洒落なところが重要なんです。カフェランチ風になっているダイエットごはんを選ぶことで世の女性はモチベーションを上げてるんです。それで痩せる。それできれいになる。それが女子というものです。

 

モスにいったらハンバーガー食べたいわ。

 

――もぉ…。

 

 

【もぐもぐ取材雑記】
次回は恋バナです。

 

 

 

 

 

 

 

 

| もぐもぐダイエット | 12:20 | trackbacks(0) |
さくらえみとばんばりえ ゆっくり痩せたいわたしたちのもぐもぐダイエット−33

「もぐもぐダイエット2」は
今痩せたいプロレスラー・さくらえみさんと
美味しいおやつを食べながら自分のカラダについて語り合う
ダイエットガールズトーク連載です☆☆

 

――みなさん、こんにちもぐ。みなさん今までに食事の献立を作ってみたことはありますか?今回からさくらさんが人生初の献立作りに挑戦です。どうでしょう、大変でしたか?

 

初めてだもの、難しいわ。しかもタンパク質をね、きちんと摂ろうとすると大変なの。

 

――送っていただいた朝昼夜の献立の上に「目標摂取タンパク質量」という記載がありましたね。130gと書かれていた数字の意味が分からなかったのですが。

 

=====================

さくらえみ8月1週目の献立

*週3回外食、お菓子とパンOK

*目標摂取タンパク質量 130g

 

◆朝

プロテイン、ヨーグルト、ブルーベリー、オールブラン、はちみつ

 

◆練習前と後

ヴァ―ムゼリー

 

◆昼と間食

蒸し野菜、とりにく、ゆで卵、くるみ

 

◆夜

湯豆腐、野菜

 

◆寝る前

プロテイン

=====================

 

自分の体重わたしの場合65圈兵荳犹)の2倍の数値にgをつけた量なの。一般の人は自分の体重の等倍摂取でいいらしいわよ。

 

――鶏むね肉130gを食べればいい話ではないんですか?

 

それはお肉の重さよね。むね肉の中に含まれているタンパク質の重さとは別なの。例えばゆで卵1個で100kcalあるんだけどタンパク質は7gしか入ってないのよー。

 

――え!?少ない…。

 

ゆで卵2個食べたら200kcalにもなっちゃうのに、タンパク質は14g。だからタンパク質を摂ろうとすると献立は大変なのよ。初めての献立作りだし、タンパク質の摂り方も卵と鶏肉とプロテインと王道でひねりはないんだけど。

 

――王道とはいえ自由な高カロリーフードがメインのさくらさんが初めての献立作りにタンパク質の計算を入れるというのは上級のやり方ですよね。まずは普通の献立を作っていただきたかったのですが…。

 

きちんとやってみたかったのよ!

 

――なるほどなるほど。えー、第1週目の献立を見て初手の感想ですが、5か月前のダイエットで食べていたものと似ていますね。これだと3週間くらいで急いで体重を落とそうとしている時のメニューにも見えますが。

 

今回は会食用に週3回外食3回OKのルールにしたから、そんなにガッツリやってる意識はないわ。

 

――週3回外食OKのルールにしたんですね。

 

あと今回はきちんと料理をする目標にしたので新しい鍋を買ったのよ!

 

――そして新しい買い物をしたわけですか(こないだ断捨離してたような…)。しかしですね…実はなぜ献立を作るかというテーマと少しずれてますね…。

 

え?

 

――食べ物への意識を高める。何を食べればいいのかを知る。単品おかずのどれとどれを組み合わせたらバランスがいいのか、ヘルシーさカロリーを可視化するというテーマだったはずなのですが。

 

むむ。

 

――料理自体は素敵なことなのですが、よほど料理が日常化している人でもない限り、料理する日々はいつか終わりがきます。その時は一気に高カロリー外食に逆戻りなんです。今回の献立作りは「太りにくい美味しいものを選べるようになる」ことが目的です。さくらさんはダイエット6か月目にして3回のリバウンドをしているので、次は安易に数字の結果を出すことより、何より続けることが重要になってくると考えています。

 

さくらえみ:73→66.3圈,个鵑个蠅─55.5→52.7

 

 

わたし、朝は鯖の味噌煮、昼は生姜焼きみたいなことを要求されてるのかと思ってた。

 

――それは…ひとことも言ってないですね。献立の見本も前回お渡ししてありますし。そして2週分の献立に鯖の味噌煮的な要素は入っていませんでしたが。

 

あのね、わたしはまず30日分の献立を考えられないと思ったのよ!毎日違うものを食べるなんて無理だし。だから自分が作りやすいもの、作り置きしやすいものにしたの。茹でるだけのものが多くて全然頑張ってるとは言えないけど。

 

――うーん、これ以上頑張ったら、さくらさんが料理をする期間は縮まるだけですよ。いただいた献立でも疲れやストレスが出るだろうなと思うほどです。ほぼ全食手作りじゃないですか。

 

でも気付いたのよ。自炊をするとお金がかからないの!鍋を買ってもまだ全然安いのよ!!!

 

――コホン。ええ、2つほど指摘させていただきますと、まず30日分ではなく4日分の献立作成のご提案でした。その4つの献立を1週目、2週目と週替わりメニューにしましょうと。掲載された記事にはひと月分とありますが、先日対面で決めたのは4日分です。

 

そ、そんな記事になってたんだもの。

 

――大事なことは是非メモを。そしてもう1つ。自炊をするとお金がかからないという発見、これ5か月前にも仰ってますよ。

 

ぐぬぬ…。

 

――連載6か月目にして初めて言いますが、人の話を聞いてください。さくらさん。

 

く…。

 

――話を聞いてないから、毎回毎回思い付きのアレンジを加えて企画がどんどん逸れていくんです!リバウンドだけはしない目標を破りまくった挙句にユーチューバ―になりたいなど言語道断なんですっ!

 

だって!有名に!なりたいんだもの!

 

――有名になりたいなら待ち合わせ時間を15分過ぎたところで「1時間ほどバラしで」なんてLINEをしなァァァァーーい!!!!!今日はさくらさんが立てた献立のランチをご一緒させていただく予定だったんですよ?

 

それは…だって…何度も料理の練習していたら徹夜になっちゃって…。

 

――…徹夜?(ちょっと情にほだされそうになる)

 

いつも自分だけしか作らないでしょ。ばんばさんの分も一緒にってことになったら分量分からず鍋からあふれるほど作っちゃって。次は1人分を2回作ってみたり。

 

――鍋からあふれるほど……。ちなみに何と何を作ってくださる予定だったんですか?

 

ブロッコリーとベーコンとキノコとズッキーニの蒸し野菜と蒸し鶏肉とスープ。オクラは火の通り加減が難しくて諦めて、じゃが芋とか玉ねぎとか色々な野菜を試してみて結果的にこれになったのよ。鶏肉は表面にぶつぶつ灰汁みたいなものが付いて汚くて気になって何度もやりなおして。野菜を蒸してる下のお湯で卵を茹でたら卵が割れてあちこち白身が飛び出して上手くいかなくて。もうぜんぜん上手くいかなくて…。

 

――……。

 

ゆで卵がうまくいかなかったから止めたの。で、蒸した野菜から出たエキスが勿体ないなと思ったから、お湯に溶き卵を入れてスープにしてみたけど、それも野菜の出汁が出てるわけじゃなくて美味しくできなくて…。

 

――なんだか、とてつもないプレッシャーを与えてしまったようですみません…。しかし、今「シリコンスチーマーでチンとかで良かったのに」って言ってしまう彼氏の気持ちです。

 

信じられない!!!!!一生懸命作ってたのよーーー!!!!!

 

 

【もぐもぐ取材雑記】
今回から連載ラストまで定期的に体重測定とウエストの採寸をすることにしました。さくらさんと一緒にダイエットを続けてきたわたしも一緒に登場させていただきます。さくらさん1人晒すわけにもいかないという理由からですが、何を好き好んで自分のウエストサイズを公表しなければならないのか…。ダイエットの道は曲がりくねって枝道ばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| もぐもぐダイエット | 12:44 | trackbacks(0) |
| 1/5PAGES | >>