恋とおやつ手帖


PROFILE

ばんばりえ

主婦ときどきライター。
ご近所専門オーダーメイドケータリン
グ『キッチンよもぎ食堂』を主宰。お
教室に習いに行くほどプロレスに夢中
な40代を過ごしています。好きなおや
つはブッセ、うにせん、麦チョコ。好
きなごはんは蕎麦と白米とピーマンの
肉詰め。好きな場所はお布団の中。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
月曜連載 はちみつ 月曜連載 カラーム
ARCHIVES
BOOKMARKS
SEARCH
CONTACT
name:
email:


さくいん
大日本プロレス、冬の水祭り

プロレスはいろんなものとコラボする。

海とか、町とか、ライブとか、ラーメンとか。

夏にはお客さんが水浸しになるまで水掛け祭りをする団体もある。水鉄砲で狙う。バケツをぶちまける。柄杓で1人ずつ狙って歩く。

夏に濡れるのは、なかなか楽しい。

冬でも、水掛け祭りをする。

大日本プロレスのポセイドンアドベンチャー。

冬はさすがに夏ほどの水量は使わないでしょう?

それを一応確認しに出かける。

百聞は一見にしかず。

小高イサミ選手の動き出しで危険を感じて、一緒に来た友人2人の膝を押しのけて逃げる。

冬なのに、ガンガンきた。

ステージ前の小さな池には板氷がたっぷり入った氷点下の水。

ほんのり風が吹く度、冷気が襲ってくる。

バケツにはとぎれず水が補充されるという企業努力。


高いところに登って、お客さんに水をぶちまけるというサービス。

冬なのに、みんなびしょびしょ。

帰宅してから時間をかけてお風呂に入ったけれど、加熱不足の冷凍食品みたいに、体の芯が寒さが残った夜。冬にこんなところに行くなんてバカだよーーーー!(選手3人がその後インフルエンザにかかったそうです。)

| プロレス | 19:37 | trackbacks(0) |
ブリバトベルトに挑戦
キレイファイター
第7回ゲストのSAKI選手と近日公開、
第11回ゲストのMIZUKI選手

ふたり合わせて
ブリリアントバトルガールズ、
略してブリバトが2016年1月に
初めてタッグのベルトに挑戦!






インタビューの時点では
どんなレスラーになるか
まだ悩みもあったSAKI選手も
今はパワーファイター路線に乗り込んで

「かっこいい背中の女」

になってます。

いつもジムにいるし、
いつもプロテイン飲んでる!





団体のエース同士が組んだ
強敵ベストフレンズ相手に

よろしくお願いします!

と元気にあいさつ。




結果的には

相手のスタミナ(スタミナおばけみたいなベストフレンズ)に
まだまだ追いつけずといったところ。

受けた技の痛みに耐えながら
相手のスタミナを削っていく
複雑な競技・プロレス。


とにかく、最後の最後に
立っていたほうが勝ちなのです。


ただただ、たいへん!



しかーし

実力的にはあと一歩まだ一歩なところ
タッグ屋としての人気は
すでに先輩タッグを抜いちゃう
勢いのブリバト。

女の子は強くて可愛いのが最強!
の道を、ひたすらゆくのです。


よっ!

かわいいぞ!













| プロレス | 12:10 | trackbacks(0) |
ハム子選手がベルト奪取
JUGEMテーマ:プロレス

大晦日のすでに昨年の出来事で
今さらすぎるのですが
キレイファイター第10回ゲストの
星ハム子選手がシングルベルト初戴冠!

背の高いチャンピオン相手に
なかなか技が決まらず
最後はひたすらラリアット、ラリアット、ラリアット。
くらいつき、すがりつくような
執念のベルト奪取となりました。

勝ち名乗りを上げたリングの上から
「ママは勝ったよーーーー!!!!!!!」
と叫んだハム子さんに会場中が泣きました。




上の写真は
チャンピオン・星ハム子になってから
第一回目の防衛戦。

お腹にキラリ輝いてるのがチャンピオンベルト。

これね、だいたい前のプレートが重たくって
女子は前下がりになってしまうのだけど

ハム子選手、おなかにドーーン!と貫禄ある!



勝った人はリングの中央でマイクをとり

負けた人は膝をつきロープ際にうずくまる。

あんたは強かったけど、あたしのほうが強かったよ。

戦いっていつもシンプル。


今年の母の日までチャンピオンでいられるか!ハムさん!
 
| プロレス | 13:05 | trackbacks(0) |
プロレス観戦を書いた作文への添削


キレイファイター第三回ゲストに出ていただいた

紫雷美央さん
が現役を引退して

ご結婚されました。



お相手はKAIENTAI DOJOという団体の

タンク永井選手

コスチュームがレスリングスタイルのおっきい人で

美央さんと並ぶと美女と野獣っぽい☆



ヒールユニット(悪いことする仲間たち)の

ちょっと天然っぽいリーダー。





そんなタンク永井選手の少し前のツイート。

















この素直さ!



友達の甥っ子さんは小学校低学年か?

やっぱりね

悪いのは嫌なのね。



先生のコメントも秀逸。

「素手」にルビ振ってあるとこ

沁みるなー。





しばらくして

またもや!!友達の甥っ子さんが観戦にきて













椅子を使っていたけど「ほぼ素手で闘っていた」

とのことで、ご納得いただけた模様!



どんどん強くなってる



という冷静な感想もあり

小学生あなどれない…。









先生のコメントもまたもや優しくて

学校の先生をも巻き込んだ

タンク永井選手のチャンピオンロードは

まだまだ続いていくのです。



しかし

元旦の早朝に開催された初日の出プロレスにて

わたしはタンク永井VS紫雷美央の

初シングル戦と言われた試合を見ていて


なんて手の合う素晴らしい試合なんだ!

お似合いだお似合いすぎる!!!!


と、2人の出会いを目撃したつもりでいたのに

すでに交際中だったと知って

ちょっと悔しかったことをここに記しておきます。






 
| プロレス | 11:50 | trackbacks(0) |
あれもプロレス、これもプロレス(2)
プロレス観戦に友人を誘う場合

格闘技経験者を連れていくと

一瞬でルールを

飲み込んでくれるのだけど



そもそもよく分からない競技



であることは

プロレスファンとしても認めざるをえません。



前回はその「よく分からなさ」の一例を書いたので

今回はよく分からなかった「危険さ」に迫ります。



わたしの語彙の少なさではお伝えできないので

制服女子が技をかけ合う、プロレス技イラスト集

『プ女子百景/広く。』

という本から図を拝借し

特に危ない技を例にあげてみます。







まず。

ゴッチ式パイルドライバー。



相手を逆さに抱え込み

ドスンと尻もちを着くと同時に

技かけられ女子の脳天がマットに食い込む。



頭が脳震盪手前のクラクラピヨピヨしますね。









次。

ジャーマン・スープレックス。



背後から抱え込んで、そのままのけ反りブリッジ。

技かけられ男子の背中から頭まで

ペシャン!グシャン!となります。



双方の選手の身長差によっては

やたら高いところから打ちつけられる

やたら低いところから平行に突っ込まれる



などのナチュラルテクニックも加算されます。









次。

バックドロップ。



米俵と同等の扱いで持ち上げられ

そのまま米俵と同等に投げ捨てられます。

背中も頭もペッシャリ。



体の大きな選手の得意技でもあるので

高さが増すなら、威力も増すってものです。









次。

ブレーンバスター。



ブレーンをバスターする。

脳を破壊!

たまったもんじゃないです。



図の通り、脳天からまっさかさま。

立った状態からこれなんで

どんなに低くても

150?の高さから落とされます…ハハ。





数ある技から大技4つ選出したけれど

どんだけ頭打ちつけるつもりなんだ!!!!!!

という、ツルッと理解するには

やっぱり難解な競技です。





でもって



「まだ立ち上がる!」

「不死身!」

「がんばってる!」

故に

「すげえ鍛えてる!」



みたいな難解から単純な感動が生まれるのが

すごいところだったりします。





| プロレス | 11:05 | trackbacks(0) |
あれもプロレス、これもプロレス

プロレスって
たいがい誤解されてる。
「八百長」とか「ガチじゃない」
は、必ず聞かれる二大質問。

でも、そもそも論として
そもそも、もっとよく分からない競技なのです。
そもそも、もっと危険な競技なのです。

なぜ危険な競技かって
基本的に決め技と呼ばれるものは
「相手の頭をマットに打ちつけて、脳震盪手前のクラクラしてるタイミングでカウント3とる」
ものなのだから。



なぜよく分からない競技かって
↑の試合は
150僂諒道街畤チ手と(キレイファイター第五回登場)
180100堋兇┐諒‥塚料手の
体格も性別も違いすぎる同士のシングルマッチなのだから!




そして
なぜよく分からない競技かって
↑の試合は
奥のほうにぼんやり立ってる現チャンピオンが
可愛い高校生レスラー里歩選手をベルトで拘束して
(ベルトが三本あるのは三冠ベルト統一マッチだから)
人質を連れて入場というパフォーマンスすることで
戦う前から心理戦をしかけているから!

しかも、手前で構えている挑戦者・帯広さやか選手は
完全に度胆を抜かれて構えた姿勢のまま固まっていたりする。
(帯広選手は極度のテンパり屋さん)


これらの例は、変わった試合のパターンではあるけれど
これくらいプロレスのふり幅は大きいです。


普通の試合はどれなのか?
と聞かれたら……
難しいので
その定義は次までに考えてみます。




 
| プロレス | 12:33 | trackbacks(0) |
豊田真奈美選手にインタビュー

しばらく間が空いてしまいましたが
次回の女子レスラーインタビュー
『キレイファイター』のゲストは

豊田真奈美選手です。



キレイナビ会員のみなさんも
もしかしたら豊田さんのことは知ってるかも?
北斗晶、アジャコング、ブル中野といった
ヒール(悪もの)レスラー全盛期の90年代に
ベビーフェイス(善いもの)として戦った
全日本女子プロレスのエースであり
今もなお休むことなくリングに上がり続ける
トップレスラーです。

キレイファイター第1回ゲストの
高橋奈苗選手が付き人をされていた先輩でもあります。

今回のテーマは
「先輩と後輩に必要なもの」。

お仕事の現場でなくなることのない先輩と後輩という関係。
その形にすこしずつ変化はあるものの
「教える」「教えられる」なくして
学び成長することも、仕事を成し遂げることも
難しいのではないかと思われます。

もちろん、もっと難しいのは、その距離感。

そこで「付き人」制度があった女子プロレス業界で
28年もの間、先輩後輩を見続けた豊田選手にお話を伺ってきました。


ピンクのキラキラ乙女が豊田選手、左がわたし。という2ショット。

プロレスファンの方からは
「面倒見の良い先輩役なら、他に適役がいるのでは?」
というご指摘を受けそうなところ。

そうなんです。

そこがね、豊田選手でなくちゃダメだった理由。ふふ。

取材スタッフがあたふたするくらい無邪気で(天然ともいう)
運ばれてきたカプチーノの写真を撮ったり
取材風景も自分の携帯で撮って☆とお願いされたり
ネットで鰤一本を買って料理する話が弾んだり

どちらかというとマイペースな人だからこそ
理屈じゃない、単純なヒントがもらえるのではないかと
今回もねばってねばって、いいお話を聞けたと思います。

3月下旬公開予定です。
新年度が始まるちょっと前に
ぜひ、読んでいただけたらうれしいです☆







 
| プロレス | 10:45 | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |