恋とおやつ手帖


PROFILE

ばんばりえ

主婦ときどきライター。
ご近所専門オーダーメイドケータリン
グ『キッチンよもぎ食堂』を主宰。お
教室に習いに行くほどプロレスに夢中
な40代を過ごしています。好きなおや
つはブッセ、うにせん、麦チョコ。好
きなごはんは蕎麦と白米とピーマンの
肉詰め。好きな場所はお布団の中。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
月曜連載 はちみつ 月曜連載 カラーム
ARCHIVES
BOOKMARKS
SEARCH
CONTACT
name:
email:


さくいん
慣れた景色、あたらしい景色
馴染みの八百屋さんが道路拡張で立ち退き、唯一マクロビを届けてもらっていた焼き菓子屋さんが廃業し、担当の美容師さんが独立して別の町に行ってしまい、相談相手もロシアに発ち、とまだ片手が必要なくらい別れの連続だったこの半年でした。 暮らしの景色から、慣れたものがひとつひとつ消えて行くと、自分の立っている場所が分からなくなるよね。

そんな違和感から、少し景色を変えてみようと長年在籍した空手道場を休会して、新しくスポーツジムに入会してみました。

身の丈に合わなくなることって、ある。

あたらしく積み直し。
| - | 14:44 | trackbacks(0) |
びょうきともだち
3月18日の日付で
こんなブログを書いていた。
友達の目に触れるのもどうかと思い、書いたけど下書き保存の記事として保管することにしていたんだっけ。


今日は7月14日。
東京は今日から三連休。
早朝から暑そうです。

そっちはどうですか。
------------------------------------------------

長年、病気友達がいなかった。

幼稚園時代、減感作治療の注射を受ける病院で会う子はいたけどそれだけだったし、小中高と学校内に喘息仲間っていなかった。

大人になって専門病院に入院した時に、親しくなった友人たちがいたけれど、自分達の発作について話したり語ったりすることはなかった。もっと明るい面白い話をしてた。なんでだろう。わたしたち、自分の病気に人生を邪魔されてる暇なんてなかった。

吸入でも点滴でも何でもいいから、発作が収まって健常者の世界に戻ってゆくことだけを求めてた。部室の陰で吸入してグラウンドに戻ってゆくラグビー部員とか、彼氏に重い吸入器を運んでもらって旅行に行く可愛いこちゃんとか、思い返せばみんな結構無茶してる人が多かった。わたしも会社を中抜けして点滴して、仕事に戻るなんてしょっちゅうだった。

体が弱いことなんて、てんで全然許されない世の中だって、みんな知ってたんだと思う。

でも
最近、病気友達がいる。
同じICU経験者で、長い長い夢を見た話や、その夢には同じくマッドサイエンティストが出てくることを話して共感しあった。

お互い気遣いしぃなので、あからさまな弱音は言わないけれど、冗談めかしながらも伝えられることがあるって、救われるのだなと感じている。

等身大、という言葉がフワリ浮かんでくる。自分のままのサイズで世の中に存在できたらいいのにね。

| - | 00:45 | trackbacks(0) |
お布団三つ折り


過去に2人の友人がお布団を敷かずに暮らしていた。

2人とも仕事道具や作品が散在している、途切れ途切れで寝ている、が理由だった。友人に習って三つ折りにしたお布団を端に寄せて枕を置いてみると部屋が広い。たいそう広くて清々している。

朝晩ストレッチをすれば、体を折り曲げて寝ても無問題という具合にはいかないだろうかね。
| - | 15:23 | trackbacks(0) |
母と同じく、母なる大地は理不尽で怖い。
ふと。

山の神様、海の神様を怒らせないように、われわれはもう少し気を遣ってもよいかと思った。

仕返しが怖いから口をつぐんでしまったり、大きな権力には楯突けないことも多かったり、そういうことはよくよくある。誰もそんなに正面切って強いものに対峙できていないはず。すこし昔は人間の叡智で自然を手名付けられると勘違いもしたけれど、今や無理だったと気付いている。権力があっても自然が怒ると楯突けない。

母なる大地などと呼ぶように、やらかしても意外と怒られない日があったり、今日に限って逆鱗に触れたり、お母さんと同じく理不尽なこともしてくる、さすが母なる自然。

でもやっぱり、人ばかりがやたらと好き放題は怒られると思うのだ。神様って何のことだから分からないけれど、山の神様海の神様良いじゃない。

できるなら、あまり怒らせないように自然には長く巻かれて生きていきたい。
| - | 09:20 | trackbacks(0) |
よろしかったでしょうかと了解いたしました
言葉には時代の匂いがある。
わたしは流行り言葉は昔から結構好きで、最近だと「マジ卍」なんかは嫌いじゃない。埼京線の登場で北関東の方言が東京に入ってきてうんにゃら…という説もあるけれど、マジ卍まで来ると訳分からずポップで勢いがあって好き。使用場所が分からず、自分の解釈で時折心の中で呟いてる。

結構好きと思う言葉の共通点はそうネガティヴなとこから発祥してないところ。だから反対にネガティブな空気を感じる言葉からは引っかかりがとれない。

よろしかったでしょうか。


これ、前の時代から比べたら新しい言葉。どのファミレスでも使われてる流行っちゃった言葉。でも世の中の感じ方が全然ポップじゃない気がする。モヤモヤと二元論。良い悪いの二元論はもう片がついたんだっけ?


了解いたしました。

は、正統派な角度から揉めているようだけど、こっちもモヤモヤと二元論に見える。

「正しい物言いをしなくちゃいけない」
という閉塞感。

世の中、上から下までこんなにみんな勝手な時代なのにね。どんどん素行は自由になっているのに、言葉狩りは進む進む。進む。

言葉には時代の匂いがある。
だから、どこかに今の言葉規制の分岐点もある。よろしかったでしょうか、が生まれたのはどんな時代背景? 了解いたしました問題が初出したのは、いつ?

誰かポップに教えてください。
そして、理解してみたい。
| - | 00:00 | trackbacks(0) |
緊張がつづく
ここ何年か心配ごとの多い日々を送っていました。まあまあ多いほうだったのではないかと。

疲れるし、疲れやすいから体を休めようとするものの眠れない。ならば動こう。動けばモヤモヤは減るけど、つかれはたまる。

最近やっと、それが緊張が続いている状態だと、理解することができました。

運動してるのだから、気持ちが開放されて緊張も解れそうなものですが、運動による爽快感も数時間と保たず戻ってきてしまう緊張。まるで頑固な油汚れみたいです。


検索すれば解決方法は出てくるけれど、先々のこと考えて今は「自分に緊張がある」と気付いたところで止めておこうかと思っています。
| - | 18:30 | trackbacks(0) |
雪だるまを10体作った夜の料理


雪は好きです。雪かきも好き。だけど、雪降りの翌々日の道は凍っているので、明日の道場はお休みにする。近所の罠は電車とバスでは辿り着けないこと。自転車または徒歩、つまり自走しないと。

道場が休みになったので、明日の朝ごはんが必要になり、明日の朝は温麺にしようと考えた。温かい汁物がいいでしょう?パクチーと芹をとってあるでしょう?いいよね、温麺。
パクチーと芹、かき卵にしちゃったりして、ついでにあんかけにしちゃったりなんかして。蒲鉾を入れてタンパク質×2。実家から貰ったカニ、ほっそい足は出汁にして、のち中身をかき出して、今夜のうちに出汁だけとっておけばカニを忘れずに済みそう。料理の材料は何かしら使い忘れてガッカリするものなのです。

時計は0:30am。
出汁パックを煮出している夜(煮出すと濃い味になるよね)。思い付いたことを思い付いた順番にやってるうちは、お金持ちになれない気がする夜。
| - | 00:19 | trackbacks(0) |
| 1/270PAGES | >>