恋とおやつ手帖


PROFILE

ばんばりえ

主婦ときどきライター。
ご近所専門オーダーメイドケータリン
グ『キッチンよもぎ食堂』を主宰。お
教室に習いに行くほどプロレスに夢中
な40代を過ごしています。好きなおや
つはブッセ、うにせん、麦チョコ。好
きなごはんは蕎麦と白米とピーマンの
肉詰め。好きな場所はお布団の中。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
月曜連載 はちみつ 月曜連載 カラーム
ARCHIVES
BOOKMARKS
SEARCH
CONTACT
name:
email:


さくいん
おばあちゃんみたいなカラダ

「朝起きてトイレに行くの大変なのよあなた。足が動かなくて立てないのよ。でもね、伸ばしたり縮めたりを暫くすると立てなるようになるの」

お隣のおばあちゃんは89歳。それ、分かります。わたしも同じです。毎朝起きると足首が固まっていて手摺につかまって一段一段降りるんです。とは言えなかった。45歳で89歳半分の歳だけど、おばあちゃんと全く一緒です、はネタにするには少し悲しい。

柔らかい微笑みだけでお返事。

喘息だし、関節リウマチだし、腰椎すべり症だし、X脚だし、右目は1.0なのに左目は0.04だし、親不知2本あるし、小爪もささくれもひどいし。すでにくたびれた毛布みたいなのに、おばあちゃんの歳まであと45年保つんでしょうかい、このカラダ。更年期障害、認知症、肺炎に各種ガン、白内障から緑内障、骨粗鬆症と高血圧。雑魚だかボスだか間髪入れず次々来るんだろうな。暇で仕方がないと愚痴るような、人並みの老人になれるだろうか、相当心配☆

ついでに思考能力、記憶力の低下も心配。ボードゲームの会でわたしだけルールの理解力が低かったし、ちょっと優先的にDHAサプリの導入を検討しております。


頭良くなって、寝起き良くなりたい!

| 人生とか | 16:32 | trackbacks(0) |
さくらえみとばんばりえ ゆっくり痩せたいわたしたちのもぐもぐダイエット−39

「もぐもぐダイエット2」は
今痩せたいプロレスラー・さくらえみさんと
美味しいおやつを食べながら自分のカラダについて語り合う
ダイエットガールズトーク連載です☆☆


さくらさんはとてもお母さんぽい人です。仕事が忙しかったり、自分に構う暇がなかったり、すごく気を使う性格である分、小言も多かったり、あれもこれも抱え込んだり…。お母さんは頑張っているのがデフォルトで、お母さんももっと頑張らないといけないと思っている(お母さん連呼してるけど、さくらさんはお母さんじゃないですけどね)。たまには自分の時間も作ってね、たまには頑張らないでね、自分のお洒落もしてね。そんな気持ちのもぐもぐ第39回テーマは「きれいなさくらさんでいてほしい」。四谷、市ヶ谷を歩いた写真と、一問一答アンケートでお送りします。



Q1. どんな40代を過ごしたいですか?

A1. 恋に生きる40代。ずっと仕事に生きてきたので自分の幸せを。今も「仕事=幸せ」は変わらないけれど、恋も足したいな。



Q2. 40代、女性として大切にしたいことは?

A2. 30代は「なりふり構わず仕事して、それで幸せなの?」「痛々しい」と思われることをウザったく感じていたけど、40代は「あなたは幸せそう」と周囲が安心できる女性でいることを考えたいですね。



Q3.さくらえみは女性として進化しますか?

A4.とりあえず部屋はきれいになったんですけど(笑) 次は「さくらえみって髪がきれいだよね」って褒められる人になりたいなと思っています。なります!



Q4.ダイエットってなんでしょう?

A4. 年齢性別を問わず、誰もが一家言持っているもの。コミュニケーションツールと言ってもいいかも。ダイエットを通じてお知り合いになれた方が多くて楽しかったです。



Q5. お誕生日の自分にメッセージを。

A5. 今回まだまだピンできることがあるって分かったから、プロレスやりつつ他のことにもチャレンジしていきましょう。あと、社会に溶け込みましょう(笑)。


衣装協力 A HAPPY MARILYN, SUE♡MARRI!?

スタイリング SusieDrops:SUSIE

| もぐもぐダイエット | 11:45 | trackbacks(0) |
さくらえみとばんばりえ ゆっくり痩せたいわたしたちのもぐもぐダイエット-38

「もぐもぐダイエット2」は
今痩せたいプロレスラー・さくらえみさんと
美味しいおやつを食べながら自分のカラダについて語り合う
ダイエットガールズトーク連載です☆☆


――みなさん、こんにちもぐ。いよいよあと2回を残すのみですさくらさん。どんな最終回にしたいですか?


やっぱり最後は有終の美を飾って、みんなで楽しく終わりたいわ。


――みんなで楽しくっていうのは賛成です。最初は2人で始めたダイエットだけど、今は仲間がたくさんいますしね。もぐタグ(#9月もぐもぐダイエット部)も今や連載の一部です。



正直、もっとみんなを巻き込みたかったという心残りはあるのよ。ほんともっと巻き込みたかった!


――もぐタグ開始時より、書き込む人が減ってはいたものの視聴人数が減ったという実感はないんです。むしろ参加してみたいけどまだ気持ちがまとまらないという人がいそうな。夏もほぼ終わったし、さくらさん同様、期間限定ならやってみようという人がいたら嬉しいですね。


さくらは結果を出せてないけど、大丈夫…かしら?


――ああ。さくらさんは結果を出せていないけどもぐタグ常連者のみなさんは結果を出してくれているので、そこらへんの信用度は保障されていると思います。

お。おぅ…。


――実際に何キロ落ちた云々も大事ですが、体重増加の歯止めになってる気配は感じていて、そちらのほうがより意味があるのではと思っています。


そ、そうね…


――まだもう少し時間がありますし、仲間を増やしたいですね。さくらさんの手書きフリぺを配る約束もしてますし、1週間だけでも参加してもらってみんなでダイエットする雰囲気を感じてもらえたら嬉しいです。


わたしの手書きなの!?


――はい。ぜひお願いします。イラストとかも描いていいですから。ファンの人へのお礼状みたいなものですから、心を込めてよろしくお願いします。


は、はい。


――他にやっておきたいことありますか?



そうね。連載終わってからになるけど、オフ会やりたいわ。打上げ♡


――それはいいですね。やりましょうやりましょう。前回のオフ会は急なことで参加できなかった方もいらっしゃるでしょうし。


どんなお店がいいかしら〜〜♡


――市ヶ谷マクドナルドの坂の上にN.Yスタイルのフライドチキン専門店みたいなとこ見つけましたよ。オープンキッチンなんです。


フライドチキン!ちょっと、太らせようっていうの!


――太らせるって、痩せてないじゃないッ、ですッ、かッ!!!


ぶー。もっとお洒落な店がいいー。


――いじける理由が不明です。


もっと…もっと、こう、女子が喜ぶってゆーか、凝ったお洒落なカンジのヤツでないとっっっ!!!(両手をパタパタする)


――また、そういうぼんやりしたことを…。じゃ探しますけど、さくらさんもちゃんと探してくださいね。


はーい♪


――ほんとにほんとにちゃんと探してくださいよ!


【もぐもぐ取材日記】
右手の中に握ったきれいなものに夢中になっていても、次の瞬間には左手の中の新しい玩具に夢中になってしまうさくらさん。最終回が決まった今、さくらさんのダイエットの興味は多分もう失われています(失ってないわよー!とLINEあり)。向かい合って落胆したりジリジリする関係もあと僅か。早く連載を終えて、滅茶苦茶なさくらさんを「すごいなー」と感心と尊敬の眼差しで見つめる、ただのプロレスファンに戻る日が来るのを待ちわびています。

| もぐもぐダイエット | 13:25 | trackbacks(0) |
masubonトランペットスクール発表会の並べごはん

 

 

三カ月連続フードしごとのトリはmasubon trumpet schoolのトランペット発表会にて、並べごはん!前回は音の波紋を表現した並べだったのですが、今回は楽譜になりました。本当に無事かたちになって安堵したとしか言えないぐらい、辿り着くまで長かった…。楽譜って思ってるより横長なのね。ラフ手書きするアナログ体質なので、つい五線の縦幅が大きくなっちゃって、オタマジャクシが全然並びきらなくて、オタマジャクシのサイズを確定するまで手間取ってしまいました。

イラストレーターで作れば簡単なのに。って分かってるんだけど、手で書かないと全体像がイメージできない。原稿用紙じゃないと原稿書けないって言ってるお爺ちゃんみたいです。

 

 

 

音楽の教科書を模して、タイトルまわりにモクモク緑のイラストを配置☆イモムシ君の目鼻がフリーハンドだからちょっと雑です。ww 来年は海苔パンチ買おうかな。

 

 

小学生の生徒さんの背が伸びてたり、前回はお休みしてた生徒さんの演奏姿を見ることができたり。黙々と並べ作業しながら、背中でみんなのリハがプープー、プップク聴こえてくる楽しいおしごと。発表会ってすごく緊張しちゃう生徒さんもいるから、少しでも和むテーブルになってたらいいなと願いを込めて作りました。

 

詳しくはマスボン先生のブログにてぜひ→http://ameblo.jp/fumiecorotp/entry-12195180522.html

| キッチンよもぎ食堂 | 12:38 | trackbacks(0) |
さくらえみとばんばりえ ゆっくり痩せたいわたしたちのもぐもぐダイエット−37

「もぐもぐダイエット2」は
今痩せたいプロレスラー・さくらえみさんと
美味しいおやつを食べながら自分のカラダについて語り合う
ダイエットガールズトーク連載です☆☆

 

――みなさん、こんにちもぐ。最終回も決まりまして、ここでひとつ確認しておかなければならないことがあるんですけど、さくらさん。

 

前置きされると怖いわ。

 

――ずばり、女子力にどのくらい興味あります?

 

(めずらしくしばらく考える)アラフォーになるとね、頂くプレゼントがネイルや雑貨から体を労わるものに変化するのよ。フェイスパックや肩凝りに効くもの、足のむくみをとるシートとか。でも、ダイエットを公言してみたら「まだ女は捨ててない」と認識されたようで、お洋服をプレゼントされる機会が復活したのよ。

 

 

――いきなり深めの話来ましたね。

 

20歳くらいの頃は小物とか可愛いものを頂いてたけれど加齢とともに実用性のあるものに変わって、それが「今のさくらさんだったらこれ似合うかもしれない」って。その時は「すてき―」ってときめいたわ。女扱いされるのっていいわね!

 

――本人が押入れの奥にしまったまま忘れた女子力をファンの人が引っ張り出してくれたみたいになってますよ。

 

誰かが気付いてくれるって素敵よね。前回ばんばさんに「あの時の前髪がよかった」と言われて前髪をちょっと増やしたの。どこかで可愛いとか外見担当は団体の若い子たちに任せたい気持ちもあるのよ。それは外見について褒められることも減ったから、自然と興味が薄れちゃってるんだとは思うんだけど。

 

――でも、最近はキレイなったと声をかけられるわけですよね。プレゼントも頂いて、それは外見の女子力の高さが「あげたい心」を生んだのは間違いないです。

 

わたし、そもそも人にプレゼント頂くの申し訳ないって思っちゃうところもあって、ほんと試合を見にきてもらえればそれで…っていうのも本心なんだけど。でも、今回女子っぽいものをまだ自分が頂けるんだって事実は、何かを取り戻せたような気持ちになったわ。

 

――自分の中にある女子が戻ってきたと。

 

うん。女子力を含めたダイエットにしたほうがいいわよね☆

 

――んん?

 

ネイルしてると物販で声かけられるって気付いてから暫くネイル頑張ったけど、痩せてきたらそっちで声かけてもらえるからネイルへの興味が失せちゃったのよね。断舎利で全部捨てちゃったし。

 

――さくらさん、なんでも仕事脳で動かないでくださいよー。女子だからネイルも可愛くしたいという女子脳で!女子脳で!しかも周囲から女子力を与えられていて自分自身の女子力への取り組みは意識ごと丸抜けしてるような印象があるんですけど?

 

そうねぇ、たぶん女子力がプロレスにつながればいいのよね。

 

――ん?ん、ん?

 

結局仕事優先だから仕事のことだったらやる気が出るのよ。ダイエットも元々は後楽園大会に向けてのテーマだったわけでしょ。筋トレも仕事につながる。食生活も仕事につながる。でも正直、女子力がアップしても仕事には関係ないと思ってたのよね。女子力アップしたらさくらのファン増えるなら頑張れるわ☆

 

iPhoneImage.png

【もぐもぐのお供】

L'atelier MOTOZO カンノンチーニ 

一口サイズの細いコロネ型パイの中にカスタードっぽい

クリームが詰まった、珈琲によく合うお菓子。イタリア

伝統の焼き菓子のほか、ティラミスやイタリアンチーズ

を使った生ケーキも揃っています。

 

 

――ちょっとちょっとぉぉーー!女子力がアップして人気が変わらないなんて、どうしたらそんな発想になるんですか!仕事脳もなんか怪しくなってきてますよ!

 

だってわたし、ばんばさんが髪に可愛いメッシュ入れてきた日「なにか撮影でもあるのかな?」って思っちゃったもの。でも撮影はなくて自分のためだけに可愛くしてるってことに衝撃を受けたのよ。これ、これ、自分のためにーーー!!!!?って。

 

――撮影ありきってなんですかー。会社員の女性みんな、自分のために年間カラー会員になってるんですよ。会社に行くのに、友達と飲みに行くのに、可愛くするのは普通なんですよ。

 

あーーー、もうやだーーー!仕事に女子入ってるのに、それでもやってない自分がいやーーー!市ヶ谷大会では大会開始5分前に化粧してるものぉぉーーー。

 

――女子力のプライオリティ、完全に最下位ですね。

 

ほんとにわたしプロレスの技術以外に全く興味がなくて、できるなら仕事だけ仕事100%で生きていきたいくらい。でも、実は自分は背が低くて手足も短いからコスチュームも何着たって似合わないって諦めてるところもあって…。人前に立つ仕事なのにダメなのよね。

 

――ダメに決まってますよーーー!「さくらさんは美人だ」と思ってるさくらファンの気持ちをどうしてくれるんですか。それに少なくともリセット結成当時のさくらさんと米山選手はおふたりで可愛さを追求してたはずなんです。タイテイストのお揃いのコスチュームを着たふたりはすごくすごく可愛かったんですから。

 


タッグチーム・リセットはお揃いのコスにお揃いの編み込み

ヘアなど、とにかく可愛かった♡

 


そう言われると反省しかない〜〜。できることをリストアップするわ。ネイルとメイクとヘア、あと何をしたらいいの?とにかく可愛らしくあろうとするのは女子力の一部よね????

 

――それですそれです!可愛らしくあろうとする気持ち!よかった!最低限の場所にはたどり着きました。たとえ女子力について予想以上に話が膨らまなかったとしても!ネイルとヘアとメイク以外、何も出てこなかったとしても!もーーー泣ける!

 

 

【もぐもぐ取材雑記】
専門職やキャリア方面の働く女性はどうしても女子力から離れてしまう傾向があるようです。なぜなら忙しいから!仕事が多くて時間がないから!女子力には時間が必要。女子力にはお金も必要。そこんとこ、男性のみなさん、ご理解ください。

 

 

 

 

| もぐもぐダイエット | 12:25 | trackbacks(0) |
痩せるってなんだろう

ダイエット企画などやっているから、ダイエット推進者だと思われていても仕方ない。ウエイト増量中の女性をつかまえて不躾に「痩せませんか?」と声をかけたんだから、ダイエット推進者だと思われても仕方ない。



とはいえ、本当は
*女子は痩せているほうがいいのか
*女子は太っていないほうがいいのか
*男子は女子に痩せてほしいのか
*痩せているほうがモテるのか
*女子はどのくらい本気で痩せたいのか

上記の質問項目については、誰かに教えてほしいくらいです。
連載の中で本当は「痩せるべきか否か」探りたかったのですが、そこまで辿り着けなかったのでした。

それでも企画を進めながら確信しているのは「食べ過ぎは良くないだろう」ってこと。いいオトナが何の節制もできないのは、良いはずがないということ。お腹が空いてないんだけどね、って口に運んでるその肉は生き物じゃないのかい?ってこと。社会問題のあれこれとわたしたちを繋いでいる一番身近なものが「たべもの問題」だと思い、それを「さくらえみさん」というキャラクターをお借りして作ってきた連載でした。

だいたい世の中のダイエットブームのおかげで「とにかくやっぱり今の私より痩せてなくちゃいけない」空気だけ蔓延してる。本当に痩せたいのか?と白熱灯あてて徹夜で問い詰めたら、何人の女子がそれでも「痩せたいです!」と残ることか…。

<痩せ方じゃなく、食べ方を。



痩せ方じゃなく、食べ物の知識を。


今日の晩御飯は餃子です☆
| - | 21:45 | trackbacks(0) |
さくらえみとばんばりえ ゆっくり痩せたいわたしたちのもぐもぐダイエット−36

「もぐもぐダイエット2」は
今痩せたいプロレスラー・さくらえみさんと
美味しいおやつを食べながら自分のカラダについて語り合う
ダイエットガールズトーク連載です☆☆

 

――みなさん、こんにちもぐ。とうとう!とうとう!さくらさんから毎日のごはん写真が届かなくなってしまいました…。「写真を送ることさえ出来なくなったらお終いよ」と言っていた2月の終わりはまだ寒かった。さくらさんは確か緑のコートを来て市ヶ谷駅前のTO THE HERBSに現れたのです。あれから、春を越えて夏を越えて9月。さくらさん、10月3日……もぐもぐダイエット最終回です。

 

終わるのね。

 

――はい、終わります。さくらさんのモチベーション下がりっぱなしじゃないですか。

 

いろいろあったのよーーー!

 

――聞き飽きたんですよーーー!!!!

 

 

今月から献立制作が始まったでしょう。そこにコンビニ惣菜を取り入れて無理せず続く献立をってテーマだったでしょう。

 

――はい。バランス良い自炊者は太りにくいから、そこに近づいていこう。でも一時の料理の頑張りは反動が来るから惣菜を買おうって話ですよね。我ながら真っ当かつ良い提案だと思ったのですが。

 

コンビニに行くと、お惣菜じゃなくてサンドイッチを買っちゃうのよー。

 

――子供かーー!!!!!

 

「コンビニに行かない」ことはできるわ。行かないと決めたら行かないわ。でもせっかくコンビニに来てるのに、ブリトーもサンドイッチも豚炙り弁当もクッキーもクロワッサンにも背を向けてお惣菜コーナーに行くなんて!かえって辛いのよ。それに「体に良いごはん」を心がけ始めると、自作した作りたてのサラダが、作りたてのゆで卵が、安くできて美味しくて、出来合いのものにお金が払う気がしないのよー。

 

――…。ま、一過性の主婦気分だと思いますけど、つまりダイエットを始めると同時に料理スイッチが入るんですね。わたしは忙しくてもお惣菜を活用すれば調理時間やメニューを考える悩みが減るおかげで、ダイエットのモチベーションが下がらず済んだのですが。

 

むしろダイエットのモチベーションが上がらなかったの!普段全く料理をしないからコンビニのお惣菜を使うとラクという感覚もなかったわ。コンビニ断ちするほうが分かりやすくてやる気も出るみたい。それに献立が始まってからは、今までの食べ物の写真を送る習慣も崩れてしまって。

 

――コンビニの日常的な利用法に対して「サクッと意識買えちゃいましょう」の提案でしたが「そう簡単には変わりません」だったんですね。うーん実はかれこれ半年もずっとコンビニの話をしてるんですよ。それほどに深い問題なんですね。さて、先週の献立が届いて、その献立どおりの食事は1日でしたね。今週分の献立はついに届きませんでした。これは、実質的な挫折と公表してよろしいんでしょうか。

 

無理だったわ。わたしには合わなかった。

 

――そういうこともありますね。

 

それでね、新たな目標を思い付いたの。わたしの誕生日10月4日まで1か月を期限にして頑張るのよ!

 

――清々しいほど、さくらさんは進化してないですね!最終回間近のこの期に及んでも短期間の期限を求めるとは!

 

期限がないのは無理なのよー。もぐもぐダイエット部のハッシュタグのみんなもそうだと思うの。それとたった1人で自分の中でやるダイエットは続かない気もしてる。わたしは最近タグの書き込みしてないし、ダイエットブログも書いてない。見せてる見られてる部分が大きいから頑張れるというのは正直なところね。

 

 

――「期限区切って痩せてハッピー。じゃないよ!期限切れの先も暮らしは続いてるんだよ!」という部分を追うための長期間連載。痩せて→気が緩んでリバウンド→痩せて→やっぱりリバウンド、いろいろ見せていただきました。そういう意味では7カ月「ダイエットと人」について多面から知っていただくことはできたかと。いやー、ほんとのほんとは、進化するさくらさんが見たかったですけど(涙)

 

大丈夫!知識はたくさんついたから!自分の食生活のダメなことは全部分かるようになったもの。あー、これもダメあれもダメ、ダメダメだーって。

 

――反省なくして進化なしですね。みんながいるからというご意見も、今時代もっともかと。せっかくなので「隠れダイエット希望者」も引っ張り込んで、みんなの希望の星となりましょう!それにたとえ食生活が緩んでしまう日があっても、この連載記事は残りますから、いつでも戻って来てほしいと思っています。

 

いつでも戻ってこれるって素敵ね。でも、連載終わったらわたしダイエットしないだろうな〜〜。

 

――はああぁぁぁーーーッッッ!!!!!わたしが!何時間かけてテープを起こして!7か月間!よくも目の前でいけしゃあしゃあとーーー!

 

だって習慣化できなかったんだもの♡

 

――して!いますぐ!今晩一夜漬けで習慣化してください!

 

 

【もぐもぐ取材雑記】
まるで最終回みたいな記事ですが、残り4回連載は続きます。痩せて太って痩せて太って、に寄り添いながら取材者としては肩を落としたり叫びそうになったりしてきましたが、私自身は結果3kgのダイエットができました。30代の感覚のまま40代に入り噂には聞いてる「代謝が落ちる」って何なのかを、しっかり勉強できた気がします。叫びそうになる夜にコンビニに行くと、さくらさんが暴食してるメニューが浮かぶんですよね。結果、ヨーグルトと蜂蜜だけ買うとか、燻製卵だけ買うとか、さくらさんの存在が大きな抑止力となっています。さくらさんを思い出すと無駄食いできなくなる「さくらえみダイエット」、わたしはこれで3kg痩せ、今もまだ痩せ続けています。

 

 

Check
| もぐもぐダイエット | 12:27 | trackbacks(0) |
| 1/260PAGES | >>